天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ必勝期す 監督「決勝のつもりで臨む」 31日ホームで町田戦 J2リーグ

2018/10/31 09:26

田戦に向け必勝を期すカマタマーレの選手ら=高松市東部運動公園
田戦に向け必勝を期すカマタマーレの選手ら=高松市東部運動公園

J2残留争いの現状
J2残留争いの現状

 J2で21位のカマタマーレ讃岐は31日午後7時から、丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで、9月に台風で中止になった3位町田との代替試合を行う。カマタマーレは、負ければJ3自動降格となる21位以下が確定。引き分けても、得失点差などから残留圏に浮上するのは極めて厳しく、必勝を期して挑む。

 カマタマーレは町田戦を含めて残り4試合。31日に試合がない20位岐阜、19位京都との勝ち点差はともに10あり、得失点差は20点以上の開きがある。自力でのJ2残留には勝つしかないのが現状で、北野監督は「負ければ終わる。決勝戦のつもりで臨む」と話す。

 対する町田はリーグ優勝を狙える位置に付けており、モチベーションは高い。特徴は、チーム全員のハードワークと、ロングボールを多用した攻撃。それだけに、カマタマーレは運動量で負けないことが勝利への絶対条件。その上で球際の攻防、セカンドボールへの反応で遅れないようにしたい。

 厳しい現実を突き付けられた中、意地を見せたいカマタマーレ。主将のMF高木は「町田に勝って(希望を)次につなげる」と気持ちを奮い立たせ、GK清水も「チームは一つの方向に向いている。全力で戦う」と強い決意を示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.