天気予報を見る
 
新聞購読申込

「新たなカマタマ見せる」 高木主将ら必勝祈願 J2リーグ

2018/02/10 09:41

おはらいを受ける選手ら。左端は川村社長、2人目は北野監督=鶴尾神社
おはらいを受ける選手ら。左端は川村社長、2人目は北野監督=鶴尾神社

 サッカーJ2のカマタマーレ讃岐は9日、高松市西春日町の鶴尾神社で必勝祈願を行った。昇格5年目のシーズンを迎え、北野誠監督は「既存の選手と新しい選手が融合すればすごく面白いチームになると思うが、まずは残留を目指して戦いたい」と抱負を語った。
 必勝祈願には選手26人を含むスタッフ、フロント計38人が参加。おはらいを受けた後、川村延広社長、北野監督の2人がクラブを代表して玉串を奉納した。

 神事を終えた後、今季主将に就いた高木和正が絵馬に「成長」としたため、「今年は選手が大幅に替わった。新たなカマタマーレ讃岐が見せられるように頑張りたい。クラブも5年目なので全ての面で成長できるようにしたい」と決意を示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.