天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

残留へチーム一丸 カマタマーレ、19日に最終戦 ホームで4位名古屋と J2リーグ

2017/11/19 09:29

最終戦に向け調整するカマタマーレの原(10)ら=県営球技場
最終戦に向け調整するカマタマーレの原(10)ら=県営球技場

J2残留争いの行方
J2残留争いの行方

 J2第42節のカマタマーレ讃岐は、19日午後4時から丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで4位名古屋と対戦する。現在19位のカマタマーレにとって、J2残留か降格圏後退かが決まる最終戦。チーム総得点がリーグ断トツの83(2位は徳島の70)と、最強の攻撃力を誇る相手に、北野監督は「全員が100パーセント以上の力を出さないと勝てない。みんなで頑張り、いい結果で終わりたい」と勝利を誓った。

 名古屋は個の能力が非常に高く、スピードと正確さのあるパスワークは脅威。一方で、失点数がリーグワースト5位の65と多い。カマタマーレは押し込まれる時間が長くなると予想されるが、粘り強く守ってしのいでいれば好機をつかめそう。MF岡村は「耐えてじれずにプレーしたい」と意気込んだ。

 J2残留が懸かったホーム最終戦にチームの士気は高い。ここまで全試合フル出場のMF永田は「自分たちのプレーが出せれば流れはつかめる。早めに点を取ってしっかりと守りたい」。得点の期待がかかるFW原も「最後はしっかりと締めくくりたい」と闘志を燃やしていた。

カマタマJ2残留条件
 カマタマーレは名古屋戦に勝てば自力でのJ2残留が決まる。引き分けても下位の熊本、山口のいずれかが引き分け以下で残留が決定。負けても熊本、山口のいずれかが敗戦、もしくはいずれかが引き分けて得失点差で上回れば残留が確定する。既に群馬の最下位が決まっているため、たとえ降格圏の21位に落ちても、J3の結果次第では残留の可能性がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.