天気予報を見る
 
新聞購読申込

サポーターを“かまてなし” 19日、カマタマ最終戦 駐車場開設、うどん接待 有志が企画

2017/11/17 09:35


 カマタマ最終戦を盛り上げよう―。サッカーJ2・カマタマーレ讃岐の最終戦が19日、丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで行われるのに合わせ、住民有志が観戦サポーターおもてなしプロジェクト「か・ま・て・な・し〜カマタマーレ讃岐でおもてなし〜」を開催する。サポーター向けに市中心部の市営駐車場などを開放した「パーク・アンド・バスライド」を実施し、通町商店街ではうどんの無料接待などを行う。

 カマタマーレを応援するとともに、プロスポーツを活用したまちづくりや中心市街地の活性化につなげようと、同商店街の商店主らでつくる「シャッターをあける会」が市内企業の協力を得て初めて開催。対戦相手が人気チームの名古屋グランパスとあって、スタジアム周辺の駐車場だけでは対応しきれない恐れがあるとして企画した。

 臨時駐車場は、同市大手町やJR丸亀駅周辺などの市営駐車場やドン・キホーテ丸亀店(無料)の計8カ所の計約1250台。市営駐車場についてはスタジアムで無料駐車券(記念品付き)をもらう仕組み。スタジアムまではシャトルバスを1人片道300円でピストン運行する。バス停は丸亀駅南側の県道204号沿いに設ける。

 一方、商店街では南口など4カ所に午後2時から「かまてなしブース」を設置。サポーターを対象に、うどんやコーヒー、ぜんざいなどを数量限定で提供する。同会は「来季もプロジェクトを続けてカマタマーレをもり立て、中心市街地や丸亀市のにぎわいにつなげたい」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.