天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

カマタマ大敗 京都に0―4 J2リーグ

2017/10/09 09:34

【カマタマーレ―京都】前半、CKを頭で合わすカタマーレの中島(3)=Pikaraスタジアム
【カマタマーレ―京都】前半、CKを頭で合わすカタマーレの中島(3)=Pikaraスタジアム

 明治安田J2第36節最終日(8日・Pikaraスタジアムほか=2試合)カマタマーレ讃岐は京都に0―4で大敗した。勝ち点35は変わらず、順位は20位に後退した。京都は同45で15位となった。9位の大分は岐阜と3―3で引き分け、同56とした。岐阜は同44で16位。次節は14、15の両日に各地であり、カマタマーレは15日、愛媛県のニンジニアスタジアムで17位の愛媛と「北四国決戦」を行う。

第36節最終日
(2)ピカスタ(京都2勝)
京都11勝12分け12敗(45) 4(3―0)0 カマタマーレ讃岐8勝11分け17敗(35)
                  (1―0)
▽得点者【京】闘莉王(PK)(14)李勇載2(4)小屋松(8)
▽観衆 3397人

 【評】カマタマーレは序盤から失点を重ねて京都に完敗した。

 前半14分にPKで先制点を献上し、4分後にもミス絡みで失点。33分にはスローインから相手MFに裏へ抜け出されて3点目を失った。

 後半は攻勢に出て、9分、15分にはともにDFアレックスのクロスにFW原が頭で合わせたが、得点はならなかった。逆に、19分にカウンターを受けてゴールネットを揺らされた。

PKとミス 序盤2失点が「全て」
 カマタマーレは直近10試合を6勝3分け1敗と、好調を維持して臨んだ京都戦。ホームで過去未勝利の難敵から初白星を目指したが、0―4と残念な結末となった。北野監督も「応援してくれた人に申し訳ない」と力なく肩を落とした。

 守備を支えたDFアランを出場停止で欠く中、高さのある京都に対し、DFに高身長の中島、尹鉄晧(ユンソンホ)を抜てきしたが、報われなかった。前半11分、ペナルティーエアリア内で尹が京都のDF闘莉王を倒してPKを献上。微妙な判定だったが、これを決められて出はなをくじかれた。

 さらに、18分にはバックパスを奪われて2失点目。序盤のこの2点が「全てだった」と指揮官。流れを逸すると、前半だけで3点を失い、後半もボールは保持できるが、ミスが多く反撃できなかった。

 注意していた部分以外のところで崩れ、MF岡村は「点を取られてすぐにもう1点を失うという悪いときの感じだった」と猛省。MF渡辺も「ホームでこのように敗れてふがいない」と唇をかんだ。

 ただ、下を向いている暇はない。残り6試合、残留へ向けて戦いは続くだけに、岡村は「真摯(しんし)にサッカーに向き合い、(次戦に向けての)最初の練習から頑張りたい」と気持ちを奮い立たせていた。

これが実力
 カマタマーレ讃岐・北野誠監督の話 
不運な部分もあったと思うがこれが実力。(先制点の)PKとバックパスからの2失点目が全てだった。4点も取られたので、しっかりと気持ちを切り替えて、次の愛媛戦に向けて頑張っていきたい。

入り悪くない
 京都・布部陽功監督の話
 試合の入りは悪くなかった。PKを取って先制でき、その後もゴールして、いい形で前半を終えられたと思う。まだまだ勝ち続けなければいけないチーム。未熟なところもあるので、次に向けて気を引き締めたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.