天気予報を見る
 
新聞購読申込

「東四国クラシコ」 カマタマ初勝利へ 1日ホームで徳島戦

2017/09/30 09:53

徳島戦に向け調整するカマタマーレのアレックス(中央)ら=屋島レクザムフィールド
徳島戦に向け調整するカマタマーレのアレックス(中央)ら=屋島レクザムフィールド

カマタマ先発予想
カマタマ先発予想

 J2第35節のカマタマーレ讃岐は、10月1日午後1時から丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで7位徳島と対戦する。今季2度目の「東四国クラシコ」。前節で岡山との「瀬戸大橋ダービー」を制した勢いに乗り、2試合連続の隣県対決勝利、そして徳島戦初白星(過去3分け2敗)を目指す。

 18位のカマタマーレは前節、強固な守備で岡山に1―0で競り勝った。しかし、残留を争うチームが軒並み勝ち点を挙げたため、降格圏の21位山口との勝ち点差は6で変わらず。20位熊本とは同1と混戦が続く。

 MF高木は「自分たちも同じことだが、どこもサッカー人生をかけている」と戦いの厳しさを強調。さらに「周囲のことを気にしても仕方ない。できることをやりたい」と気合を入れていた。

 徳島はリーグ2位の57得点と高い攻撃力を誇る。FW渡もリーグ2位の19得点をマークするなど警戒が必要だ。J1昇格プレーオフ圏内の6位松本とは勝ち点差2で、ここ5試合勝ち星に恵まれていない分、勝利へのモチベーションは高い。互いのクラブの誇りをかけ、激しい一戦になることは間違いない。

 DFアランは「相手(の選手)は若くスピードがある。全員で分析し、しっかりとプレーしたい」と気を引き締める。古巣との対戦となるDFアレックスも「自分にとっても大事な一戦。相手の攻撃を抑えればいい試合ができる」と意気込んでいた。

魅力体験DAY
 カマタマーレ讃岐は県、百十四銀行と連携し、10月1日の徳島戦を「百十四銀行presents香川県魅力体験DAY」と題して、多数のイベントを実施する。先着2千人にオリジナル通帳ポーチを贈るほか、徳島ラーメンや土佐の海鮮丼など四国4県のご当地グルメが集合。メインデッキ上には特設ステージを設け、香川短大の学生や子どもたちがパフォーマンスを行う。「うどん脳」や「すだちくん」ら香川、徳島両県からさまざまなキャラクターも登場し、会場を盛り上げる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.