天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ反撃実らず 福岡に1―3 J2リーグ

2017/06/04 09:25

【カマタマーレ―福岡】前半、福岡・ジウシーニョのヘディングを阻止するカマタマーレの馬場(11)と原(20)=レベルファイブスタジアム
【カマタマーレ―福岡】前半、福岡・ジウシーニョのヘディングを阻止するカマタマーレの馬場(11)と原(20)=レベルファイブスタジアム

 明治安田J2第17節第1日(3日・レベルファイブスタジアムほか=8試合)カマタマーレ讃岐は福岡に1―3で敗れた。勝ち点10は変わらず、順位は21位。福岡は勝ち点33で首位に浮上した。名古屋は金沢に2―3で競り負け、連勝が3で止まって首位陥落。残り2試合は4日に行われる。

第17節第1日
(1)レベスタ
福 岡 3(3―1)1 カマタマ
10勝3分(0―0)  ーレ讃岐
け4敗         1勝7分
(33)        け9敗
            (10)
▽得点者【福】ウェリントン(11)山瀬(2)岩下(1)【カ】原(PK)(4)
▽観衆 6168人

 【評】カマタマーレは序盤に失点を重ねた。

 前半4分に福岡のFWウェリントンのボレーシュートで先制点を献上。12分にも右サイドのクロスを折り返され、最後は中央へ詰めた相手MFに決められた。

 反撃は前半18分。DF高木のシュートが相手選手の手に当たり、ハンドの判定となりPKに。これをFW原がゴール右隅へ突き刺した。しかし、10分後にゴール前の混戦から3点目を失った。

 後半はMF馬場や原のシュートが相手GKに止められるなど、最後まで福岡の守備を崩せなかった。

序盤の失点響く
 「立ち上がりが全て」。カマタマーレの北野監督は、福岡に1―3で敗れた試合を苦々しく振り返った。

 試合の入りでつまずいた。前半4分、右サイド深くから上げられたクロスを福岡のFWウェリントンに決められた。警戒していたリーグ得点王のゴールで出はなをくじかれると、8分後には再び失点。18分にFW原がPKを決めて1点差に迫るが、28分にロングスローからのこぼれ球を押し込まれて突き放された。

 寄せの甘さなどが失点につながった。5試合ぶりの先発となったGK瀬口は「少しずつずれがあり、相手に自由にプレーさせてしまった。後手後手に回った」と無念の表情を浮かべた。

 後半の反撃も実らなかった。30度近い暑さの中、足を止めることなく、諦めずに戦い、いくつもの好機を得た。だが、枠内に飛んだシュートも、相手GKをはじめ、福岡の選手の体を張った守備の前に得点できなかった。MF馬場は「決めた福岡と決められなかったうちとの差を感じた。それは何かというと難しく、突き詰めていかないといけない」と話した。

 11戦未勝利と厳しさを増す状況の中でも、チームはばらばらになっておらず、試合後も個々にコミュニケーションを取り、次節への糧にしようと必死だ。「この状況を招いたのも、上に持って行けるのも自分たち次第。日々の練習から怠りがないように取り組んで、みんなで団結してやっていきたい」と馬場。闘志はまだ衰えていない。

追うだけの試合
 カマタマーレ讃岐・北野誠監督の話
 最初の15分で失点をしないようにという話をしていた。そこで2点取られ、後は追いかけるだけの試合になってしまった。ゴールラインまでわずかというシュートが決まらなかったので、次節は決めたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.