天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ20日ホームで千葉と 今季最終戦、飾れるか

2016/11/19 09:43

千葉との今季最終戦に向け、調整するカマタマーレのMF高木ら(右)=高松市東部運動公園
千葉との今季最終戦に向け、調整するカマタマーレのMF高木ら(右)=高松市東部運動公園

カマタマ先発予想
カマタマ先発予想

 J2第42節のカマタマーレ讃岐は、20日午後2時から丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで11位千葉と対戦する。前節、長崎に2―1で逆転勝ちし、J2残留を決めたカマタマーレの今季最終戦。大一番を乗り越え重圧から解放された中、北野監督は「今年はホームとアウェーでそれぞれ5勝。最後はいい形でホーム6勝目を挙げたい」と2連勝での締めくくりを狙う。

 カマタマーレは負ければ最下位転落の可能性もあった前節、前半に先制を許したが、後半に仕掛けたパワープレーが機能。FW木島徹とMF永田のゴールで2点を奪って試合をひっくり返し、守備でもGK清水を中心に全員が体を張って相手の反撃をしのいだ。

 今節は先発やシステムに大きな変更はなさそう。カマタマーレとしては、個の能力が高く、サイドからの攻撃が強力な千葉に対し、前節のように意思統一した守備を貫くことが重要。その上で、ボールを奪ったら素早くカウンターに持ち込み、相手に重圧を掛け続けたい。

 チームの士気は高く、MF高木は「最終戦をホームで戦えるのはうれしい。サポーターと勝利の喜びを分かち合いたい」と強調。主将の清水も「結果を出して、来シーズンにつなげられるようにしたい」と気持ちを高めていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.