天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ選手と楽しく交流 フットサル障害者チーム 高松

2016/11/08 11:10

熱戦を繰り広げるカマタマーレ讃岐の選手ら
熱戦を繰り広げるカマタマーレ讃岐の選手ら

 サッカーJ2のカマタマーレ讃岐は10月26日、精神障害を抱える人たちのフットサルチーム「まんでガンバ!讃岐」と高松市東部運動公園で交流会を開いた。カマタマーレの地域貢献活動の一環。石井健太選手会長ら4選手が参加し、「まんでガンバ!讃岐」のメンバーら約30人と汗を流した。

 交流会には志度中サッカー部員も参加。準備運動や2人一組でのパス練習などで技術を磨いた後、6チームに分かれてミニゲームを実施。最後はそれぞれのチームがカマタマーレ選手チームと対戦し、熱戦を繰り広げた。

 「まんでガンバ!讃岐」の北村文照代表は「みんな楽しく試合ができた」と笑顔。カマタマーレの石井選手会長も「地域あってのチーム。今後もできることはいろいろやっていきたい」と話していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.