天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ劇的、強敵C大阪に3―2/J2リーグ

2016/06/05 09:41

【C大阪―カマタマーレ】試合終了間際、決勝ゴールを決めるカマタマーレの西(23)=ヤンマースタジアム長居
【C大阪―カマタマーレ】試合終了間際、決勝ゴールを決めるカマタマーレの西(23)=ヤンマースタジアム長居

 明治安田J2第16節(4日・ヤンマースタジアム長居ほか=11試合)カマタマーレ讃岐はC大阪に3―2で競り勝ち、9試合ぶりの白星を飾った。勝ち点を21に伸ばし、順位は10位に浮上した。首位の札幌は千葉と2―2で引き分け、勝ち点を33とした。町田は徳島を1―0で下して31に伸ばし、2位を守った。松本は北九州を2―1で退け、3連勝で29として3位に浮上した。次節は8日に各地であり、カマタマーレは丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで6位京都と対戦する。

第16節
(1)ヤンマ
カマタマーレ讃岐5勝6分け5敗(21) 3(0―1)2 C大阪8勝4分け4敗(28)
                     (3―1)
▽得点者【C】柿谷(5)松田(1)【カ】馬場(2)藤井(1)西(2)
▽観衆 18002人
【C大阪】▽交代【C】関口(清原)橋本(ブルー)沢上(杉本)【カ】ミゲル(永田)森川(仲間)

 【評】カマタマーレは2―2のロスタイムにDF西の2試合連続ゴールでC大阪に競り勝ち、9試合ぶりの勝利を飾った。

 前半は10分にC大阪のFW柿谷に先制点を許したが、攻守の形を整えて1点ビハインドで折り返した。

 後半26分に相手選手の退場で数的優位に立つと、流れは一気にカマタマーレへ。32分にMF馬場が同点ゴール、3分後にもDF砂森のクロスをDF藤井が頭で合わせて逆転に成功した。

 ロスタイムにゴール前の混戦から失点するが、直後に西が劇的な勝ち越しシュートを決め、熱戦に終止符を打った。

逆転でき良かった
 カマタマーレ・北野誠監督の話
 ロスタイムに失点したが、点を取りにいって逆転できたのは良かった。プロのチームはホームで勝たないと駄目。次戦も勝ち点3を取れるよう頑張りたい。

後半ロスタイム西が決勝弾
 1万8千人集まった敵地のスタジアムに歓喜と悲鳴がこだました。その瞬間を「うれしかった」とかみしめるように振り返るDF西。引き分け濃厚だった試合を9試合ぶりの勝利に導いたのは、背番号23の2試合連続弾だった。

 2―1と逆転した展開でロスタイムに2戦連続で失点。嫌な雰囲気が漂う中、「もう1回チャンスは来る」とFW高木。その言葉通り、選手たちは気力を振り絞り足を動かした。そんなひた向きな姿に勝利の女神が味方したのだろう。最後の攻撃。中央の西が左サイドのFW木島徹にパスし、木島徹がゴール前に走り込んだ西に再びパス。「思い切り打つことだけを考えた」(西)と振り抜いた右足から放たれたボールは、相手GKの指先をかすめてゴールに突き刺さった。

 劇的な勝利に北野監督は「自信になったと思う」と笑顔を見せた。前半10分で失点したが、以降は勇気を持ってラインを高く設定。攻守に積極的な姿勢で挑んだ。すると後半、数的優位に立つと32分にMF馬場のシュートで追い付き、35分にはDF藤井が今季初ゴール。「絶対に点を取りたいと思っていたし、強気にいけたのが良かった」と藤井。強敵相手に一歩も気持ちで引かなかった。

 チームにとってJリーグ通算100試合目のメモリアルゲームは忘れられない一戦となった。自身のJリーグ通算350試合目でもあった主将のGK清水は「流れを変えるきっかけになると思う」。ここから再びスローガンである“旋風”を巻き起こすつもりだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.