天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松市に施設整備要望/カマタマ、J1昇格目指し

2016/06/04 09:30

大西市長に練習施設に関する要望書を提出したカマタマーレ讃岐の山下社長(中央)と熊野会長(右)=高松市役所
大西市長に練習施設に関する要望書を提出したカマタマーレ讃岐の山下社長(中央)と熊野会長(右)=高松市役所

 J1クラブライセンス取得を目指すJ2カマタマーレ讃岐は3日、山下社長と熊野会長が高松市役所を訪れ、大西市長と岡下市議会議長に練習施設整備についての要望書をそれぞれ提出した。

 要望事項は、現在チームがメーンの練習施設として使用している高松市東部運動公園でのクラブハウス建設用地の貸し付けとサッカーグラウンドの優先利用、クラブハウス建設費に関する財政支援の3項目。

 ライセンス取得には、常時使用できる天然芝ピッチ1面と隣接地のクラブハウス確保などの条件がある。現在チームは12位と健闘しているが、専用もしくは優先利用できる施設を持たないため、ライセンスを取得できない。そのため、年間順位が自動昇格圏内の2位以内に入ってもJ1昇格はできず、また3〜6位に入ってもJ1昇格プレーオフに出場できない。

 大西市長は「調整しないといけない部分はあるが、課題を解決する方向で前向きに考えていきたい」とコメントした。

 要請後、山下社長は「チームや選手のためにもきちんと(J1クラブライセンス取得)条件を整えないと発展にはつながらないと考え要望書を提出した。今後、署名活動なども検討していきたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.