天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ連敗脱出狙う/9日ホームで岐阜戦

2016/04/08 09:46

ホームでの岐阜戦へ向け、調整するDF藤井(中央)=Pikaraスタジアム補助競技場
ホームでの岐阜戦へ向け、調整するDF藤井(中央)=Pikaraスタジアム補助競技場

カマタマ先発予想
カマタマ先発予想

 J2第7節のカマタマーレ讃岐は9日午後1時から、香川県丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで5位岐阜と対戦する。前々節の徳島に続き、前節は今季昇格したばかりの山口に0―1で敗れて2連敗となり8位に後退したが、「徳島戦の内容は悪くなかったし、山口戦も結局やられたのは失点の場面だけ」と北野監督。悲観の様子はなく「2連敗しているのでこの辺りで勝たないと」と、ホームで勝ち点3奪取を狙う。

 今節は先発メンバーの入れ替わりがありそう。左DFには、第2節の東京V戦以来となる小沢の起用が濃厚。スタミナ豊富な背番号2は「良いクロスを上げさせないようにしたい。攻撃では前に出る自分の特徴を出して、起爆剤になれれば」と気合を入れる。

 DF藤井も3試合ぶりにスタメンに名を連ねそうで「勢いに乗ればやっかいなので、相手に攻撃の起点をつくらせないようにしたい。失点が続いているので0点に抑えて勝ちたい」と意気込む。

 岐阜は縦への速い攻撃を武器に現在4連勝中。指揮官は「勢いがあり、今、リーグで一番強い」と敬意を払う一方、「隙はあるのでうまく突きたい。勝ちか負けの試合になると思うので、はまれば3―0で勝てる試合にもなる」と見据える。カマタマーレとしては、失点が続いている守備を再確認し、両サイドからの攻撃につなげていけば、勝機は広がりそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.