天気予報を見る
 
新聞購読申込

連敗阻止へ先制点が鍵/カマタマ15日水戸戦

2015/08/14 09:43

敵地での水戸戦に向け、調整するカマタマーレのMF山本=13日、高松市東部運動公園
敵地での水戸戦に向け、調整するカマタマーレのMF山本=13日、高松市東部運動公園

 J2カマタマーレ讃岐の第29節は15日午後6時から茨城県のケーズデンキスタジアム水戸で18位水戸と対戦する。群馬との前節は決定機をものにできずに敗れ、2連敗で16位に後退したカマタマーレ。勝ち点3差の水戸戦は絶対に負けられない正念場だ。北野監督は「守備は安定しており、決定機を確実に決めたい。あとは結果だけ」と連敗ストップを誓った。

 天皇杯の中断期間まで残り2試合。アウェー2連戦となるカマタマーレにとっては厳しい移動を強いられるが、中位、下位は混戦模様。相手に勝ち点3を与えない戦いが重要となる。

 今節はDF藤井が出場停止明けで、定位置のセンターバックに戻ってきそう。中盤ではMF山本が第17節・大宮戦以来、約2カ月ぶりの先発の可能性がある。出場機会を渇望していたボランチは「やっとチャンスが巡ってきた。チームにも自分にも大事なゲーム。サイドでインターセプトできるよう、守備で自分の特徴を出したい」と気合を込める。

 水戸との過去の戦績は3分けで、いずれも0―0とゴールが生まれていない。今節も互いに手堅く試合を運ぶ展開が予想される中、カマタマーレとしては前節、何度も見せた鋭い速攻で好機を探り、先手を取れれば、3試合ぶりの白星に大きく近づきそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.