天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ崖っぷち 札幌と1―1/J2リーグ

2014/11/11 09:47

【カマタマーレ―札幌】前半16分、カマタマーレの沼田(4)が先制ゴールを決め、イレブンから祝福を受ける=札幌ドーム
【カマタマーレ―札幌】前半16分、カマタマーレの沼田(4)が先制ゴールを決め、イレブンから祝福を受ける=札幌ドーム

 J2第40節(9日・札幌ドームほか=11試合)21位カマタマーレ讃岐は札幌に1―1で引き分け、勝ち点33とした。20位東京Vは長崎と0―0で引き分け、カマタマーレとの勝ち点5差は変わらず。3位磐田は群馬と1―1で引き分け、同66。優勝が決まっている湘南は4位北九州に4―0で大勝して同95、前節、2位が確定した松本は5位千葉に2―1で競り勝ち、同80にそれぞれ伸ばした。次節は15日に各地で行われ、カマタマーレは県立丸亀競技場で7位大分と対戦する。

第40節
(2)札幌ド(讃岐1勝1分け)
札 幌  1(0―1)1 カマタマーレ讃岐
15勝12 (1―0)  7勝12分け21敗
分け13敗        (33)
(57)
▽得点者【札】都倉(12)【カ】沼田(5)
▽観衆 12954人

 【評】カマタマーレは前半にMF沼田のゴールで先制したが、後半に追い付かれて引き分けた。

 幸先良く速攻から先制した。前半16分、FWアンドレアが送った低い左クロスに、DF小沢が札幌DFを引き付けながらニアサイドに走り込んでスルー。ファーサイドに詰めていた沼田が冷静に左足で流し込んだ。

 しかし、後半立ち上がりに札幌の反撃を止められず、右サイドを崩されて同点に追い付かれた。その後は一進一退の攻防を繰り広げたが、互いにゴールを割れなかった。

 前半40分、FKからの決定機でDFエブソンがヘディングシュートを外し、追加点を奪えなかったのが響いた。

点取れたが…
 カマタマーレ・北野誠監督の話
 プラン通り、左サイドを徹底して攻め、カウンターで点を取れたのだが…。ここに来て他のチームと遜色なく戦うことができている。ホームで二つ勝ちたい。

前半悪かった
 札幌・バルバリッチ監督の話
 多くの人に観戦に来てもらったが、期待に応える結果を出せず、非常に残念。前半は選手の距離感が悪かったが、後半に連動して点を取れたことは評価できる。

ピッチサイド
 DF小沢
(先制点の場面に)自分の体勢が悪かったので、クロスをスルーした。自分の後ろに他の選手が入って来ているのは分かっていた。

自動残留へ条件厳しく 後半に同点許す
 北の大地でカマタマーレが崖っぷちに追い込まれた。アウェー最終戦も勝ち切れず、3戦連続のドロー。得失点差を踏まえれば、自動残留には残り試合を2連勝した上で、東京Vの2連敗が絶対条件となってしまった。

 カマタマーレは自動残留、札幌はJ1昇格プレーオフ進出を懸け、約1万3千人を集めた注目の一戦だった。放ったシュートは両者譲らず、ともに2桁台。ゴール前で細かなパスを執拗(しつよう)につないで攻める札幌に対し、速攻で応戦するカマタマーレ。互いに負けられない意地と意地がぶつかり合った好ゲームとなった。

 しかし、白熱した展開に反し、1―1の消化不良の結果に監督も選手も納得できない様子。目標だった今季5点目にも「全然満足できない」とは2戦連続弾のMF沼田。「自分でも、岡村さんでも、木島さんでもあと一つ決めていれば…。守れてもいるし、チャンスを決め切れていない」と表情はさえなかった。

 これからの2試合で、自動残留の「奇跡」(北野監督)をつかみにいくのか。それともJ3との入れ替え戦を見据えた現実路線に舵(かじ)を切るのか。

 先週の練習中に負った左手親指のけがをおし、出場志願したDF藤井航が「東京Vの結果次第だが、入れ替え戦に行くにしても勢い良く、自信を持って入りたい」と言えば、FW木島は「入れ替え戦にはいい流れで入らなければ」と、ともに2連勝を固く誓う。目指す道はただ一つ。自分たちができる限りの努力をして天命を待つだけだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.