天気予報を見る
 
新聞購読申込

自動残留へ必勝誓う/カマタマ9日敵地で札幌戦

2014/11/08 09:32

札幌戦に向け、調整するカマタマーレのFW我那覇(手前)=7日、高松市東部運動公園
札幌戦に向け、調整するカマタマーレのFW我那覇(手前)=7日、高松市東部運動公園

カマタマ先発予想
カマタマ先発予想

 J2第40節のカマタマーレ讃岐は9日午後1時から北海道の札幌ドームで8位札幌と対戦する。残り3試合で、21位カマタマーレと20位東京Vは勝ち点5差。これ以上、差が広がれば、自動残留が絶望となる状況に、北野監督は「結果次第でリーグ戦の大勢が決まってしまう可能性があるが、勝てば面白くなる。決勝戦のつもりで戦う」と一戦必勝を誓っている。

 カマタマーレは前節、北九州と引き分け、2戦連続のドロー。次節は6位大分、最終節は5位千葉と、プレーオフを争うチームとの対戦を控えている。

 今節はここ2戦、最終ラインに入り、守備面で貢献した岡村が中盤で起用されそう。26歳のユーティリティーは「攻撃も守備も自分のできることをやるだけ。スペースに飛び出し、攻撃のポイントになれれば」と気持ちを高めていた。

 攻撃陣では、FW我那覇が8月の横浜FC戦以来、久しぶりに先発の座をつかみそう。札幌ドームは8年前の日本代表戦で2得点した験の良い会場で、「前線で攻撃の起点をつくり、ゴール前に顔を出すのが自分の役割。最後の精度を高め、チームの勝利に貢献したい」と意気込んでいる。

 札幌は個の能力が高く、プレーオフ進出に向け、積極的に攻撃を仕掛けてくることが予想される。カマタマーレは1―0で勝利したホーム戦同様、失点せずに相手の焦りを誘うことができれば、勝機が広がりそうだ。

同じジャンルの記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.