天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ痛いドロー、水戸と0―0/J2リーグ

2014/10/27 09:39

【カマタマーレ―水戸】前半、相手ゴール前で競り合うカマタマーレの選手ら。中央はFW高橋(23)=ケーズデンキスタジアム水戸
【カマタマーレ―水戸】前半、相手ゴール前で競り合うカマタマーレの選手ら。中央はFW高橋(23)=ケーズデンキスタジアム水戸

 J2第38節(26日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=11試合)21位カマタマーレ讃岐は水戸と0―0で引き分け、勝ち点31とした。20位東京Vも愛媛と1―1で引き分け、カマタマーレとは勝ち点5差のまま。自動昇格圏内の2位松本は富山に2―1で競り勝って同74に伸ばし、3位磐田は京都と2―2で引き分けて同64となり、10差に広がった。優勝を決めた湘南は札幌に0―2で敗れて2連敗。次節は11月1日に各地で行われ、カマタマーレは県立丸亀競技場で4位北九州と対戦する。

(2)Ksス(2分け)
水戸11勝13分け14敗(46) 0(0―0)0 カマタマーレ讃岐7勝10分け21敗(31)
                  (0―0)
▽観衆 3444人
▽交代【水】小谷野(吉田)山村(馬場)オズマ(鈴木隆)【カ】古田(西野)木島(アンド)我那覇(高橋)

 【評】カマタマーレは水戸にゴールを許さなかったものの、終盤の絶好機を逃し、痛い引き分けとなった。

 カマタマーレは後半途中、中盤にスペースが生まれると、MF古田やFW木島らを投入。センターバックに入った岡村の巧みなボール奪取などで流れを引き寄せると、44分には鋭い速攻からMF沼田が相手GKと1対1のチャンスを迎えたが、決めきれず、1点が遠かった。

 前半は立ち上がり、両サイドのスペースにFWアンドレアを走らせ、攻め込んだが、徐々に球際に強い相手に手を焼き、守備に追われる場面が目立った。

後半44分、絶好機逃す
 「1対1を決められなかったのが引き分けた原因。(21位の)チーム状況、置かれている立場を考えれば、勝ち点1しか取れず、残念な結果」

 カマタマーレの北野監督は、同じく引き分けた20位東京Vに詰め寄ることができず、落胆の色を隠せなかった。

 冒頭のコメントの場面は後半44分の絶好機。MF沼田がFW木島のロングパスを正確なトラップから右サイドを抜け出し、GKと1対1に。「シュートコースが見えていた。慌てることなくファー(遠いサイド)を狙ったのだが…」。しかし、利き足とは逆の右足で狙いすましたシュートは「少し内に入ってしまった」と、無情にもGKにはじかれた。

 一方、水戸のスタジアムはあちらこちらで芝がはげ、茶色の土が見える劣悪なピッチ。それでも選手たちは気持ちを切らすことなく、前節に続いて最後まで勝利への執念を見せた。

 特にエブソンの出場停止で慣れないセンターバックを務めた岡村は獅子奮迅の活躍。「縦に仕掛けられると、厳しくなるので、先にボールを取りにいった」と、屈強なFWからボールを何度も奪い、最後の砦(とりで)として立ちはだかった。

 残り4試合。これ以上、東京Vとの差が広がれば、自動残留の可能性が極めて低くなる崖っぷちの状況。決勝機を逃した悔しさをあらわにした沼田は「次の北九州はJ初ゴールのチーム。次こそは決めて勝ち、きょうの分を取り返す」。上位相手に必勝を誓った。

勝つべき試合
 カマタマーレ・北野誠監督の話
 岡村が相手の3トップを追い越してビルドアップでき、ドリブルで打開できたのは良かった。いい試合はできたと思うが、勝たなければならなかった。

ミス多かった
 水戸・柱谷哲二監督の話
 パス、判断、ボールコントロールのミスが多すぎた。グラウンドが悪く、選手はナーバスになり、頑張るだけは頑張ったが、90分間、ミスのオンパレードだった。

ピッチサイド
 FW我那覇
(後半、惜しいシュートを放ち)コースは空いていたが、高さが良くなかった。結果を残せてないが、残り4試合、使ってくれる監督の期待に応えたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.