天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ連敗ストップなるか/4日ホームで群馬戦

2014/10/03 09:40

群馬戦に向け、シュート練習を行うカマタマーレのMF高木(奥)=2日、香川県立丸亀競技場
群馬戦に向け、シュート練習を行うカマタマーレのMF高木(奥)=2日、香川県立丸亀競技場

カマタマ先発予想
カマタマ先発予想

 J2第35節のカマタマーレ讃岐は4日午後3時から、香川県立丸亀競技場で18位群馬と対戦する。4戦連続無得点とゴールが遠く、2連敗中と調子を落としている21位カマタマーレ。自動残留へ望みをつなげるため、下位に低迷する相手から5試合ぶりの白星を狙う。

 カマタマーレは20位東京Vと勝ち点7差。順位逆転には得失点差を踏まえれば、残り8試合の成績で東京Vに対し、2勝2分けまたは3勝を上回る必要がある。

 今節はセンターバックに出場停止明けのエブソンが復帰し、中盤の左には高木が4試合ぶりの先発が濃厚。セットプレーのキッカーも任されるMFは「久しぶりのチャンス。自分から積極的に仕掛け、得点、アシストという結果を出したい」と意気込んでいる。

 一方、群馬は3連勝中と好調で、「自信を持ってプレーしており、強い」と北野監督。両サイドからのアーリークロスを警戒した上で、「勢いを持ってくると思うが、主導権を取るために、アグレッシブに前からプレッシャーを掛ける」と、先手を取りたい考えだ。

 5月の群馬とのアウェー戦ではPKの失点で敗れたものの、内容は悪くなかった。今節は攻守の時間帯によってDFラインの高さが変わりそう。選手同士が適正な距離を保つことが必要で、状況に応じて適切な判断と意思統一をできるかが、ポイントとなりそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.