天気予報を見る
 
新聞購読申込

Jライセンス、カマタマなどの全クラブ交付へ

2014/09/27 09:37

 Jリーグのクラブライセンス制度で、今季のJ1の18クラブと、J2のカマタマーレ讃岐など22クラブに対して来季もリーグ参加資格となるライセンスが交付される見通しであることが26日、関係者の話で分かった。29日に正式発表される。

 クラブライセンス制度は財務、施設などに基準を設け、健全経営を促進するため2012年に審査が始まった。債務超過や3期連続赤字なら交付されず、リーグは猶予期間として14年度までに財務状況改善を求めた。

 横浜Mや神戸、大分、栃木、群馬、福岡など債務超過を抱えていた11クラブは解消のめどが立ち、赤字決算が続いていた5クラブも14年度決算は黒字化するという。

 収容人数が1万5千人以上というJ1のスタジアム要件を満たさないクラブはJ2ライセンスとなる。J2で4位の北九州は、最終的に3〜6位に入ってもJ1昇格プレーオフに参加できず、来季もJ2となる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.