天気予報を見る
 
新聞購読申込

強豪と連戦、正念場/カマタマ14日湘南戦

2014/09/13 09:29

首位・湘南とのホーム戦に向け、調整するカマタマーレのMF大沢(中央)=12日、高松市東部運動公園
首位・湘南とのホーム戦に向け、調整するカマタマーレのMF大沢(中央)=12日、高松市東部運動公園

カマタマ先発予想
カマタマ先発予想

 J2第31節のカマタマーレ讃岐は14日午後6時から、香川県立丸亀競技場で首位の湘南と対戦する。21位カマタマーレは次節に2位松本との対戦を控えており、強豪との連戦はリーグ終盤の正念場。前節、自動残留を争う20位東京Vとの直接対決に勝ち、勝ち点差を詰めただけに、北野監督は「いい流れを止めたくない。食い下がって勝ちにいく」と気合を込める。

 カマタマーレの勝ち点は23で、12試合を残し、東京Vとは4差で、19位群馬とも8差。残留を争う相手の背中は見えてきたが、指揮官は「東京Vに勝ったことで『ほっ』としたところがあるのが一番の問題。まだ4差あることを口酸っぱく言ってきた」と、週明けの練習から引き締めに心を砕いてきた。

 今節からMF山本が累積警告で2試合続けて出場停止。前節から先発は変更される見通しで、攻撃の鍵を握るのが、東京V戦で決勝点の起点となった大沢。指揮官から高く評価されたMFは「攻撃を仕掛ける時、中盤でボールをキープし、時間をつくるのが自分の仕事。出場したら勝ちたい」と前を向く。

 大沢と同級生のMF高木にも10試合ぶりに先発の機会が回ってきそう。「(大沢)朋也は信頼できる選手。特徴はよく知っているので、互いに良いプレーをして、チャンスにしっかり決めたい」と意気込んでいる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.