天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ 6日、東京V戦/自動残留争う直接対決

2014/09/05 09:35

3戦連続ゴール中と、好調なカマタマーレのFW木島(手前)。古巣の東京V戦でも期待が掛かる=4日、香川県高松市東部運動公園
3戦連続ゴール中と、好調なカマタマーレのFW木島(手前)。古巣の東京V戦でも期待が掛かる=4日、香川県高松市東部運動公園

カマタマ先発予想
カマタマ先発予想

 J2第30節のカマタマーレ讃岐は6日午後6時から、東京都の味の素スタジアムで20位東京Vと対戦する。21位カマタマーレは残留を争う一つ上の順位のチームとの直接対決に勝ち、勝ち点差を自力で縮められる好機。前節、岡山との「瀬戸大橋ダービー」を制したチームのムードは非常に良く、高い士気のまま敵地で今季初の連勝を狙う。

 カマタマーレは現在、勝ち点20で、同27の東京Vとの勝ち点差は7。勝った場合、4差に縮まる一方、負けた場合は10差に広がり、自動残留に向け苦しい状況となる。北野監督は「この試合に勝たなければ、岡山に勝った意味がなくなる。勝ちたいではなく、勝たなければならない」と、言葉に力を込めた。

 カマタマーレはFW木島が6月の復帰以降、11試合6得点。ここ3試合では4得点と、切れのあるドリブルからゴールを量産中で、活躍の期待が掛かる。古巣の東京V戦に向け、チーム最年長のエースは「少なからず意識はする。点を取って見返したいし、それが恩返しになる」と4戦連続ゴールを誓った。

 今節は右DF武田が累積警告で出場停止。指揮官は「ゼロで抑えるのがポイント」と守備を重視する考えを示し、7月に長崎から加入した藤井大を起用する可能性を示唆。センターバックが本職のDFは「結果がすべて。公式戦で自分はこれだけできるというところを見せ、信頼を勝ち取りたい」とカマタマーレ初出場、初先発に意欲をみなぎらせていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.