天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ最下位脱出 強豪千葉と1―1/J2

2014/04/27 09:46

【カマタマーレ―千葉】後半20分、同点となるシュートを決めるカマタマーレのFWアンドレア(20)=フクダ電子アリーナ
【カマタマーレ―千葉】後半20分、同点となるシュートを決めるカマタマーレのFWアンドレア(20)=フクダ電子アリーナ

 J2第9節(26日・フクダ電子アリーナほか=11試合)最下位のカマタマーレ讃岐は千葉と1―1で引き分け、勝ち点を2に伸ばした。大分に0―3で敗れた富山と勝ち点で並び、得失点差で21位に順位を上げた。首位の湘南は横浜FCを3―1で退け、開幕9連勝。磐田は東京Vを下し、岐阜に勝った松本とともに勝ち点を17に伸ばした。福岡は群馬に逆転勝ちした。次節は29日に各地で行われ、カマタマーレは県立丸亀競技場で横浜FCと対戦する。

(1)フクダ
千葉3勝3分け3敗(12) 1(1―0)1 カマタマーレ讃岐2分け7敗(2)
               (0―1)
▽得点者【千】谷沢(3)【カ】アンドレア(1)
▽観衆 6581人
▽交代【千】佐藤健(佐藤勇)森本(井出)【カ】持留(西野)高橋(山本)アラン(アンド)

 【評】カマタマーレは1トップ気味のFWに起用されたアンドレアの得点で、引き分けに持ち込んだ。

 カマタマーレは前半、DF藤井とMF山本が決定力を欠き、得点機を逃すと、35分に千葉のMF谷沢に左クロスから角度のないシュートを右足で豪快に決められ、先制された。

 ピッチに水がまかれた後半は中盤で激しい攻防が続く中、20分にFW高橋のパスを受けたアンドレアが同点ゴール。その後は千葉の猛攻をGK森田やDF武田ら守備陣を中心にしのぎきった。

助っ人 起用に応え同点弾 前節に続き価値ある勝ち点1
 「前の所属チームが相手だったので、とても気持ち良かったです」。古巣相手にカマタマーレの外国人助っ人がFW起用に応えた。

 0―1の後半20分。途中出場したばかりのFW高橋が「相手DFが後ろに下がったので、ゴール方向へ出した」と絶妙なスルーパス。抜け出したアンドレアは「(高橋)泰さんからスペースに良いボールが来たのですぐシュートを打った」。うまく千葉のDF大岩とボールの間に体を入れ、倒れ込みながらも右足でゴールに流し込んだ。

 本職は左アタッカーながらFW顔負けの巧みなゴール。自身J2初得点を仲間の声で知ると、「FWで使ってくれた北野さんに感謝したかった」と一目散にベンチに駆け寄り、指揮官らと喜びを分かち合った。

 7カ月余り前の天皇杯2回戦は、同じスタジアムで千葉に0―5の惨敗。何もできずに敗れ去った選手の姿は、もうそこにはなかった。

 先制を許した前半35分まではカマタマーレのペース。同14分の左CKからDF藤井がどんぴしゃのヘディングシュートは惜しくもバーに阻まれ、先制とはならなかったが、何度も決定機をつくった。一転、1―1となってからは防戦一方の展開。後半だけでシュート12本を浴び、13本のCKも全員が体を張って耐え続けた。

 これで前節の福岡戦に続き、強豪・千葉からも価値ある勝ち点1を積み上げた。J2の戦いに慣れ始めたカマタマーレ、ゆっくりだが着実に前に歩を進めている。

狙い通りの戦い
 カマタマーレ・北野誠監督の話
 前線からプレッシャーをかけてからのカウンターという狙い通りの戦い方ができた。J2のスピードに徐々に慣れてきたので、勝てるチャンスが増えると思う。

中盤、苦しい展開
 千葉・鈴木淳監督の話
 できるだけクロスを上げ、ゲームを組み立てていこうという中で、前半それで得点できて良かったが、中盤でルーズボールを拾えず、苦しい展開になるのが今の課題だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.