天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ26日千葉戦/守備的布陣で勝ち点狙う

2014/04/25 09:40

守備の安定感が光り、千葉戦でも先発が濃厚なカマタマーレのDF武田(左)=24日、香川県立丸亀競技場
守備の安定感が光り、千葉戦でも先発が濃厚なカマタマーレのDF武田(左)=24日、香川県立丸亀競技場

 J2のカマタマーレ讃岐は、26日のリーグ第9節から4連戦を迎える。連戦の前半は、第9節が午後4時から千葉市のフクダ電子アリーナで千葉と、29日の第10節が午後1時から県立丸亀競技場で横浜FCと対戦する。1戦目となる千葉とのアウェー戦に向け、北野監督は「『引き分けで良い』と割り切り、ディフェンシブに戦う」と警戒を強めている。

 カマタマーレは千葉戦以降、5月6日まで中2〜3日の過密日程の中で4試合をこなす。北野監督は先発の入れ替えを示唆した上で、「内容よりも、不細工なサッカーでも勝ち点を積み上げたい」と言葉に力を込めた。

 千葉戦は守備的な3バックの布陣を敷きそう。前線での守備を期待され、2試合連続でFW起用が濃厚な西野は「11人でしっかり守って失点をゼロに抑え、できるだけ多くカウンターを打ちたい」と意気込む。

 千葉は昨年9月の天皇杯2回戦で0―5で大敗を喫した相手。決定力の高いFWケンペスをはじめ、ドリブラーのMF谷沢やゲームメーカーのMF兵働ら豊富なタレントがそろっており、指揮官は「スペースを消し、我慢することが大事。後半に相手の距離感が開いてきた時がチャンスとなる」とゲームプランを思い描く。

 第6節のJリーグデビューから守備の安定感が光るDF武田は「相手は強いと思うが、みんなでカバーし合って戦いたい」と意気盛んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.