天気予報を見る
 
新聞購読申込

停滞打破へ、カマタマ20日に福岡戦/J2

2014/04/19 09:24

実戦形式で練習するカマタマーレのMF関原(手前)=18日、県立丸亀競技場
実戦形式で練習するカマタマーレのMF関原(手前)=18日、県立丸亀競技場

カマタマ先発予想
カマタマ先発予想

 J2第8節のカマタマーレ讃岐は20日午後4時から、8位の福岡と県立丸亀競技場で対戦する。開幕7連敗中のカマタマーレは先発の入れ替えが濃厚。停滞するチーム状況を上向きにする端緒をつかもうと、選手たちはJ2初勝利に向け、意欲を燃やしている。

 今週、主力組は紅白戦で不慣れな3―3―3―1のシステムで練習。前節まで相手のDFラインの裏を狙う動きが少なかったことを受け、選手間の流動性と裏への飛び出しの意識付けに時間を費やした。

 北野監督は練習の意図について、「縦への推進力を思い出してもらうのが狙い」と説明。福岡戦に向けては、「選手同士の話し合いも増えたし、一つになれた。うまく試合に入って、乗ってくれれば」と期待を込める。

 試合は4―4―2で臨む模様だが、展開によっては変更もある。西野が今季初めて本職のFWで起用されるほか、MF関原が初先発しそう。負けん気の強い22歳の若武者は「チームが勝つことが一番。それによって自分の評価も上がるし、90分間は考えず、最初から飛ばしていく」と力強い。

 福岡は、前線の坂田や城後らが激しいプレスを仕掛けてくることが予想され、DF陣の落ち着いた対応と正確なボール回しが重要となる。前節の熊本戦で先発を外れたDF藤井は「熊本戦は悔しい思いをした。(第6節の)栃木戦のように失点をできるだけ抑え、点を取れば勝ちという状況に持ち込みたい」と意気込んでみせた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.