天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ「勝利こだわる」/5日ホームで栃木戦

2014/04/04 09:33

栃木戦で3試合ぶりに先発が濃厚なMF持留(左から2人目)=3日、高松市東部運動公園
栃木戦で3試合ぶりに先発が濃厚なMF持留(左から2人目)=3日、高松市東部運動公園

カマタマ先発予想
カマタマ先発予想

 J2第6節のカマタマーレ讃岐は5日午後1時から、6位の栃木と香川県立丸亀競技場で対戦する。カマタマーレは開幕5連敗の最下位。悪い流れを断ち切るため、北野監督は「勝ちにこだわる」と、ホームでのJ2初勝利とともに、勝ち点の積み上げを狙っている。

 カマタマーレは5試合で15失点と、守備が崩れており、まずは守りからリズムをつくりたいところ。ゴールから遠ざかっているFWら攻撃陣にも奮起が求められる。

 布陣は前節と同様に4―4―2。右DFにはけがで出遅れていた大卒新人の武田が初先発しそう。両サイドのMFには右利きの持留が左MF、左利きの小沢が右MFを務めるのが濃厚で、選手起用について、北野監督は「2人ともシュート力があり、中に切れ込んでミドルシュートを狙わせたい」と説明した。

 左右のMFは2トップと攻撃面での連係も不可欠。2試合先発を外れていた持留は「結果が出ていないから交代させられたと受け止めている。誰かが何とかしないといけない状況なので、自分がどんどん仕掛け、アシストかゴールに絡む」と意欲を燃やしている。

 栃木は2勝2分け1敗と調子は悪くない。指揮官はFWもこなせるMF広瀬をキーマンに挙げ、「どう抑えるかがポイントとなる」と明言。その上で「相手は流動的にくると思うので、どっしりと構えて、うちの良さを出せれば」と、速攻から勝機を見いだしたい考えを示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.