天気予報を見る
 
新聞購読申込

経営基盤強化へ/県、カマタマに2000万円出資

2013/05/28 09:36

 Jリーグ入りを目指しているサッカーのカマタマーレ讃岐への支援について、浜田恵造香川県知事は27日の定例会見で、香川県として2千万円の出資を決定したことを明らかにした。J昇格に必要なクラブライセンスの交付申請期限となる6月末をめどに資金提供し、経営基盤の強化をサポートする。
【→関連記事】

 同チームは収入不足が課題となっており、5月初旬、県に対し出資金2千万円を含む3千万円の財政支援と、県職員のクラブへの派遣を要請している。

 出資を決めた理由について知事は「検討した結果、当面の目標であるクラブライセンスの取得には、債務超過の解消など、経営基盤の強化が最重要課題になる」と述べ、官民一体での支援の必要性を強調した。

 一方で、県職員の派遣など、その他の支援に関しては「調整すべき点も多い」として、さらに検討する考えを示した。

 観客動員数が伸び悩んでいる点についても触れ、「フロントとしても、5月の経営体制一新を踏まえた努力をしてもらいたい」などと述べた。

 同チームは県のほか、高松、丸亀両市に対し各1千万円の出資などの支援策を要請しており、高松市は6月定例議会に出資金1千万円を盛り込んだ本年度補正予算案を提出する方針。

同じジャンルの記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.