天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ初黒星、ミス連発2位後退/JFL

2012/04/23 09:32

【カマタマーレ讃岐―ホンダFC】後半31分、1点を返すクロスを上げる吉沢(左)=ホンダ都田サッカー場
【カマタマーレ讃岐―ホンダFC】後半31分、1点を返すクロスを上げる吉沢(左)=ホンダ都田サッカー場

 JFL第7節最終日は22日、各地で7試合を行った。カマタマーレ讃岐はホンダFC(静岡)と敵地のホンダ都田サッカー場で対戦し、1―3で敗れた。今季初黒星で、通算成績は5勝1分け1敗(勝ち点16)となり、順位は2位に後退した。長野パルセイロが3―1でMIOびわこ滋賀に快勝して勝ち点を16まで伸ばし、カマタマーレを得失点差で上回り首位へ浮上。3位に勝ち点15のブラウブリッツ秋田、4位には同13でV・ファーレン長崎が続いている。次節は28〜30日に各地であり、カマタマーレは29日、ホームの県立丸亀競技場に長崎を迎える。

 ▽第7節
ホンダFC 3(1―0)1 カマタマ
3勝1分け  (2―1)  ーレ讃岐
2敗            5勝1分
(10)          け1敗
              (16)
▽得点者【ホ】河野2、伊賀【カ】石田(5)
▽観客 499人

 【評】カマタマーレ讃岐はアウェーで勢いのある相手に終始押され、今季初黒星を喫した。

 前半19分、自陣ゴール前のクリアミスを押し込まれ先制を許す厳しい展開。降雨の悪条件でパスミスが目立ち、シュートはわずか4本。同37分に岡本がレッドカードで退場して数的不利になったことも重なり、防戦一方の戦いを強いられた。

 後半立ち上がり6分にゴール前をワンツーで抜けられ、同23分にCKから失点して万事休す。同31分にカウンター攻撃から吉沢の右クロスを石田が決めて1点を返すのがやっとだった。

技術なかった
 カマタマーレ讃岐・北野誠監督の話 ビハインドで退場者が出るとなかなかね。ただ、そうでなくてもあれだけミスをしたら勝てない。ピッチコンディションも悪かったが、そこでミスするのは自分たちの技術のなさ。しっかりやるしかない。

ピッチサイド
 MF石田英之
(2試合ぶり得点も及ばず)一人少ない状況で、普段と同じようにうまくはいかない。守りからカウンターを狙ったが、2失点目が痛かった。

 FW市原大嗣 立ち上がりのチャンスを決められず、退場者も出て難しい展開になった。もっとセカンドボールを拾ったり、前線でしっかりキープできていれば少しは違ったのだろうが。

退場響き…空転
 「まさかこんなにやられるとは」。北野監督が思わず漏らした言葉がこの日を象徴していた。相手にボールをしっかり保持され、ボールを奪った逆襲の機会も簡単なパスミスですぐにつぶれた。耐えるだけの90分。試合後の選手たちをとてつもない徒労感が襲った。

 結論から言えば、出場停止のアンドレアの穴を埋められなかった。前半19分に先制を許したシーンはまさにその典型。人数を掛けて攻め上がってきた相手からボールを奪い取れず、神崎の懸命なクリアも波状攻撃の餌食となった。

 岡本が前半37分にレッドカードで一発退場したことも流れを一層悪くした。スピードに優れる反撃の軸を失い、チームは空転。ミスが相次いだ展開に、神崎は「ただでさえ難しい試合なのに、自分たちで首を絞めてしまった」と肩を落とした。

 5連勝の後の1分け1敗。2試合続けて前半に退場者を出すアクシデントに見舞われ、仕方ない一面もあるが、この流れをずるずる引きずるわけにはいかない。

 指揮官は「中途半端じゃなく、こてんぱんにいかれた」と今季初黒星を振り返る一方で、「力がないことを全員が認識できるいい負け方。もう一回、自分たちの足元を見直せる」と前を向いた。次節はJリーグを目指すライバルのV・ファーレン長崎と顔を合わせる。チームの底力が見たい一戦だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.