天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ、関学大に3―0/活躍光る新戦力

2012/02/04 09:45

 JFLのカマタマーレ讃岐は3日、香川県高松市生島町の県営球技場で関学大と練習試合を行った。45分3セットの変則方式で対戦し、ルーキーのFW森本(大分大)、MF太田(東京学芸大)がともに得点を挙げるなど新戦力の活躍が光った。

 スコアは各セットいずれも1―0の計3―0。1セット目はゴール前で西野、石田とつなぎ、裏へ抜けた岡本が得点。2セット目は終了間際に太田がミドルシュートを決め、3セット目は森本が右クロスを押し込んだ。守りは果敢に攻め上がる相手に危ない場面も見られたが、最後まで集中を切らさずしのいだ。

 チームは始動から2週間休みなし。北野監督は「疲れの中でもしっかりやってくれた」と一定の評価を示し、「けが人もなく順調。新しい選手の特徴も分かってきたし、今後は精度を詰めていきたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.