天気予報を見る
 
新聞購読申込

JFL、23日開幕/カマタマ29日初戦

2011/04/23 10:00

新ユニホームに袖を通し心新たにするカマタマーレ讃岐イレブン
新ユニホームに袖を通し心新たにするカマタマーレ讃岐イレブン

日本サッカー界のリーグ構成
日本サッカー界のリーグ構成

初参戦のJFLへ「一戦一戦しっかり戦いたい」と意気込みを語るカマタマーレ讃岐の北野監督
初参戦のJFLへ「一戦一戦しっかり戦いたい」と意気込みを語るカマタマーレ讃岐の北野監督

 東日本大震災の影響で開幕が遅れたサッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は23、24日の前期第7節から開始する。リーグにはカマタマーレ讃岐が香川県勢初参戦。被災したソニー仙台(宮城)が前期の参戦を見送るものの、北は秋田から南は沖縄までの計18チームがしのぎを削る。

 日本サッカー界をピラミッドにたとえると、J1を頂点にJ2まで計38クラブで構成されるプロリーグがあり、その下の3部に相当するのがJFLだ。Jリーグまであと一歩の戦いにカマタマーレは挑むことになる。

 JFLの最大の特徴は個性豊かなチームが同一リーグ内で競い合うところ。カマタマーレをはじめ、町田ゼルビア(東京)、V・ファーレン長崎、松本山雅(長野)はJリーグに準加盟してJ2入りを狙い、ホンダFC(静岡)、SAGAWA・SHIGA(滋賀)など企業チームはアマチュアのトップを目指す。ジェフリザーブズ(千葉)はJ2千葉の育成部門という位置づけだ。

 23、24日に開幕する前期第7節は各地で8試合を実施。カマタマーレはソニー仙台と対戦する予定だったため、同節の試合は行わず、29日に敵地で行われる第8節のホンダロック(宮崎)戦が初戦となる。ホーム初戦は5月3日の第9節で、横河武蔵野(東京)を香川県高松市生島町の県営球技場に迎える。

 リーグはホームアンドアウェー方式の総当たり2回戦で争われ、ソニー仙台は7月の後期からの参加を検討。震災で延期された前期第1〜6節は8、11、12月に消化し、シーズン終了は当初予定の11月27日から12月11日にずれ込む。

◎北野誠監督インタビュー J入り目前 「手が届く」
 東日本大震災の影響で開幕が延期になっていたJFLもいよいよ本番を迎える。初参戦のカマタマーレ讃岐の北野誠監督に手応えや抱負を聞いた。

 ―JFLに昇格して迎える自身2年目のシーズンは特別な年になる。
 「(前期の参戦を見送った)ソニー仙台のこともあるし、開幕を喜ぶのは気持ちとして複雑。しかし、レベルの高い相手と試合ができるのは本当に楽しみ。クラブとしてもJリーグが目の前に迫っており、しっかり戦えれば手の届く位置に来た。頑張らなければ」

 ―Jリーグ準加盟も承認され、Jを目指すクラブとしての責任や使命も求められる。
 「まず、お客さんが入場料を払い、試合を見てもらうわけだから、そのお金に値するプレーを見せなければならない。プロとして責任あるプレーを見せる」

 ―大幅に選手を入れ替えたこともあり、延期中はさまざまなテーマを掲げて練習に取り組んでいた。現時点の手応えは。
 「中でも守備の整理ができたのでは。チームとしてやろうとしていることができている。選手層が厚くなったし、ベテランも多くなったので、昨季よりはもう少し“大人のサッカー”が見せられるのではないか」

 ―新システムを採用するなどJFLを戦うための試行錯誤を続ける。JFLの魅力を。
 「とても難しいカテゴリー。われわれみたいにJリーグを目指しているクラブもあれば、企業チームもある。みんな立場が違って、特に企業チームはJを目指すクラブをしゃかりきになってつぶしにくる。うちとしては受け身になってはだめ」

 ―初挑戦の上に開幕がずれ込むなどイレギュラーが重なる。リーグを戦う上でのポイントは。
 「僕を含めてJリーグやJFLの経験者が多いので、戦う上での心配はしていない。リーグはここ数年の勝ち点を見る限り、接戦になっていくはず。さらに前期の中止分が組み込まれた後期は日程的にも厳しくなってくる。サブ(控え組)を含めたチーム全体の戦いになる」

 ―日本全体が暗いムードに包まれる中での船出だ。新たな戦いを目にする県民へメッセージを。
 「僕らにはサッカーしかない。多くの人が集まる機会でまた義援金を集めるなどして被災地に協力できれば。Jリーグの前にまず、このJFLを一戦一戦しっかり戦っていく。勝ち点を一つずつ積み重ね、その結果、上(Jリーグ)へ行けるのが一番の理想だ」

 きたの・まこと 1967年高松市生まれ。勝賀中から帝京高(東京)を経て、Jリーグの前身でもある日本リーグの日立製作所などで活躍。現役引退後は指導者に転身し、2009年にはJ2熊本を指揮した。昨季からカマタマーレ讃岐の監督に就任し、1年でJFL昇格を成し遂げた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.