天気予報を見る
 
新聞購読申込

勝ち点積み上げたい/カマタマ北野監督ら決意

2011/03/08 09:36

開幕戦でぶつかる町田ゼルビアのポポヴィッチ監督(左)と握手を交わすカマタマーレ讃岐の北野監督=東京都内
開幕戦でぶつかる町田ゼルビアのポポヴィッチ監督(左)と握手を交わすカマタマーレ讃岐の北野監督=東京都内

 13日の開幕を前にJFLは7日、東京都内で全18チームの監督による記者会見を開いた。香川県勢初参戦となるカマタマーレ讃岐の北野誠監督は「JFLは京都や熊本の時にも経験し、非常に難しいカテゴリーだと感じている。準加盟クラブとなったが、Jリーグの前にまず、この1年間をしっかり戦い、勝ち点を積み上げていきたい」と闘志をみなぎらせた。

 カマタマーレの初戦は昨季3位でJリーグ準加盟の町田ゼルビア(東京)と敵地で対戦。ホーム開幕戦は第2節の20日、香川県高松市生島町の県営球技場で昨季2位のSAGAWA・SHIGA(滋賀)と顔を合わせる。

 J1大分の監督なども務め、今季から町田を指揮するセルビア出身のランコ・ポポヴィッチ監督は「日本人の特性を生かし、コンパクトでアグレッシブなサッカーをしたい」と抱負。カマタマーレについては多くを語らなかったが、「開幕戦は難しい。気を引き締めて戦いたい」と警戒した。

 ホーム開幕戦の相手となるSAGAWAの中口雅史監督は「昨季果たせなかった優勝が目標」ときっぱり。初参戦の長野パルセイロの薩川了洋監督は「長野は最高のチーム。胸を借りるつもりで思い切りぶつかりたい」と述べた。

 一方、同じ準加盟クラブでは、元日本代表のDF松田らを補強して注目を集める松本山雅(長野)の吉沢英生監督が「目標はJリーグ昇格。そのためにサポーター、スポンサーと一つになる」と宣言。V・ファーレン長崎の佐野達監督は「2013年のJリーグ昇格が目標。今季は地道にチームの基盤づくりの一年にしたい」と話した。

 リーグは11月27日の最終節まで、18チームがホーム・アンド・アウェー方式の2回戦総当たりで優勝を争う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.