天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ攻撃面に課題/岡山ネクストと練習試合

2011/03/07 09:42

ファジアーノ岡山ネクストとの練習試合でフル出場したカマタマーレ讃岐の福嶋(左)=岡山市、財田スポーツ広場
ファジアーノ岡山ネクストとの練習試合でフル出場したカマタマーレ讃岐の福嶋(左)=岡山市、財田スポーツ広場

 JFLのカマタマーレ讃岐は6日、岡山市の財田スポーツ広場で中国リーグのファジアーノ岡山ネクストと練習試合を行い、1―1(前半1―0)で引き分けた。13日のJFL開幕までに行う最後の練習試合だったが、セットプレーからの1得点に終わり、攻撃面でやや課題を残した。

 得点は前半、左CKを後ろから詰めたDF鈴木がヘディングシュート。失点は後半、ゴール前のFKで壁の位置取りを誤り、ゴール右に直接決められた。
 開幕まであと1週間。前日の練習は主力組がセットプレーの確認程度の軽めのメニューで終えるなど、この日は本番を想定して臨んだ。

 攻撃では連動性が明らかに良くなり、テーマに掲げる素早いパス回しと動き出しで何度も好機をつくり出した。ただ、セットプレー以外はゴールを割ることができず、試合後、北野監督は「シュート、クロスなど最後の精度がお粗末」と苦言。主将の下松は「徐々に良くなっている。もっと強く心掛けて、この1週間の練習に取り組みたい」と初陣を見据えた。

新戦力FW福嶋 「J昇格へ全力で戦う」
 カマタマーレ讃岐は先日、新加入が発表されたばかりのFW福嶋が1トップでフル出場。得点には絡めなかったが、前線で精力的に動き回って存在感を示し、「久々の90分。まだまだ課題は多いが、とりあえず90分間プレーできたことが収穫」と胸をなで下ろした。

 駒場高(東京)から2001年に当時J1の福岡へ加入し、U―22日本代表に選ばれるなど輝かしい実績を持つ。だが、JFLのV・ファーレン長崎を昨季限りで退団。行き場をなくしたストライカーは、すがる思いでJFL新参者のカマタマーレに活路を求めた。

 体制がほぼ固まってからの加入で、カマタマーレでも決して満足のいく待遇や環境は与えられない。それでも、28歳は「拾ってもらっただけでありがたい。チームのJリーグ昇格、そして自分が来季Jリーグで活躍するために全力で頑張りたい」。再びJリーガーになる夢をあきらめず、戦うことを選んだ。

 定位置を争うFW西野が開幕戦は昨季の退場処分が持ち越されて出場停止となるため、加入直後ながら開幕スタメンも手の届くところにある。福嶋は「選手としてスタメン、フル出場は基本。残りの1週間でしっかりアピールしたい」と力を込めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.