天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ決勝R進出/JFL昇格「あと三つ」

2010/11/24 09:48

【カマタマーレ讃岐―AC長野パルセイロ】決勝リーグ進出となるPKを決めるカマタマーレ讃岐の飯塚(中央)=春野総合運動公園
【カマタマーレ讃岐―AC長野パルセイロ】決勝リーグ進出となるPKを決めるカマタマーレ讃岐の飯塚(中央)=春野総合運動公園

 サッカーのJFL昇格を懸けた全国地域リーグ決勝大会第3日は23日、高知市の春野総合運動公園などで1次ラウンド最終戦を行った。C組のカマタマーレ讃岐はPK戦の末、北信越リーグ王者のAC長野パルセイロ(長野)に競り勝ち、3戦全勝の同組首位で決勝ラウンド初進出を決めた。

 決勝ラウンドは12月3日から3日間、千葉県市原市の市原臨海競技場で行われ、カマタマーレのほか、A組1位のYSCC(神奈川)、B組1位の三洋電機洲本(兵庫)と各組2位の中から最上位のAC長野パルセイロが進んだ。

 同ラウンドもリーグ戦で争われ、カマタマーレは初戦で再び長野と激突。上位2チームがJFLへ自動昇格、3位がJFL下位との入れ替え戦に回る。

 【評】カマタマーレ讃岐は攻守で連係が乱れ、最後まで流れをつかめなかったが、体を張った守りで相手の猛攻に耐え、PK戦で競り勝った。
 前半18分、GK家木とDF陣が合わず、右クロスからヘディングで簡単に先制を許した。一方、直後の22分に同点としたのが今のカマタマーレの粘り強さ。DF下松の右サイドからのFKに長身のDF波多野がうまく頭を合わせた。
 以降も守勢に回る時間帯が多く、ボールを奪っても切り替える出足の鋭さと連動性を欠いた。終盤は連戦の疲れもあり、縦方向へはね返すのがやっとだった。
 PK戦は2―2で迎えた5人目で、相手が枠を外し、カマタマーレはMF飯塚が確実に決めた。

 ▽C組
カマタマーレ 1(1―1)1 AC長野
讃岐      (0―0)  パルセイロ
      (PK3―2) (長野)
▽得点者【カ】波多野【A】宇野沢

福島ユナイ 4(2―0)0 さいたま
テッドFC  (2―0) SC(埼玉)
(福島)    

 【1次ラウンド最終成績】
 ▽C組 (1)カマタマーレ讃岐3勝(勝ち点8)(2)AC長野パルセイロ2勝1敗(6)(3)福島ユナイテッドFC1勝2敗(4)(4)さいたまSC3敗(0)
 ▽A組 (1)YSCC(神奈川)2勝1敗(6)(2)SC相模原(神奈川)2勝1敗(5)(3)HOYO(大分)1勝2敗(4)(4)レノファ山口(山口)1勝2敗(3)
 ▽B組 (1)三洋電機洲本(兵庫)2勝1敗(5)(2)グルージャ盛岡(岩手)2勝1敗(5)(3)藤枝MYFC(静岡)1勝2敗(4)(4)札大GP(北海道)1勝2敗(4)=1、2位は得点差、3、4位は得失点差による
(各組1位と、各組2位で最上位のAC長野パルセイロが決勝ラウンドへ進出)

3戦全勝 負けないサッカー貫く
 2―2で迎えたPKの5人目。相手が枠を外したどよめきがまだ残る中、飯塚はそっとボールを置いた。JFLの町田ゼルビアから期限付き移籍でやって来た“助っ人”でも足がすくむような場面に違いない。だが、したたかに右足を振り抜くと、シュートはゴール右へ突き刺さった。

 歓喜に沸くイレブン。カマタマーレ讃岐が1次ラウンド首位通過を果たした。念願のJFL昇格へ大きな一歩。主将の下松は「まずはホッとしている。これまで積み重ねてきた負けないサッカーを出すことができた」と激闘を振り返った。

 周囲の大きな期待が体の切れを奪い、死に物狂いで向かってくる相手の重圧に何度も屈しそうになった。飯塚は「もうこんな思いはしたくない。『苦しい』と聞いてはいたけど、本当に地域決勝は怖いっすよ」。3試合とも先の全国社会人選手権で初優勝を飾った出来からはほど遠い内容だった。

 でも、一度も負けなかった。これが今のカマタマーレの強さだ。最後はPK勝ちとはいえ、3戦全勝は全体でもカマタマーレだけ。北野監督は「今は負けない雰囲気がある。控えも含めた23人全員の気持ちが一緒になっている」と表情を和らげた。

 「あと三つだ」―。会場まで駆け付けた大勢のサポーターが試合後、選手たちへげきを飛ばす。中島は「今年はまず勝つこと。結果がすべてですから」。絶対に負けられない最終章は10日後に幕を開ける。

課題が見つかった
 カマタマーレ讃岐・北野誠監督の話 試合前から引き分けでOKだったので。1次ラウンドは課題が多く見つかり、うちのチームはまだまだ弱いことが分かった。あと三つある。しっかり準備したい。

守護神PK戦全勝
 実はカマタマーレ讃岐はPK戦にすこぶる強い。この日を含めて今季は4戦4勝。うち3戦3勝のGK家木は「運もあったし、努力もしてきたし」。イレブンの歓喜の輪の中で一番に喜びを爆発させた。

 ただ、試合は自身のミスから先制点を献上し、「精神的にきつい大会。あらためて攻撃陣のありがたみが分かった」。決勝ラウンドも守護神の活躍は欠かせず、「もう一度集中して仕切り直し、次も全勝できるようにしたい」と誓った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.