天気予報を見る
 
新聞購読申込

薬物「ダメ。ゼッタイ」/カマタマ選手らPR

2008/10/05 10:02

 薬物の恐ろしさを若者らに知ってもらおうと、高松西ライオンズクラブ(小河雄磨会長)とカマタマーレ讃岐は4日、香川県高松市の丸亀町3町ドームで薬物乱用防止キャンペーンを行った。カマタマーレ選手らが買い物客らにチラシなどを配り、薬物撲滅を訴えた。

 キャンペーンは10月8日の世界ライオンズデーに合わせ、カマタマーレ讃岐のPRも兼ねて開催。同ライオンズクラブとカマタマーレの選手や関係者ら約20人が参加した。

 「ダメ。ゼッタイ」と書かれたのぼりを立て、選手らは丸亀町3町ドームを訪れた買い物客らに、大麻などの薬物が人体に及ぼす悪影響などを説明したチラシなど約2000セットを手渡した。同クラブでは「若者への意識啓発のチャンスになれば」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.