天気予報を見る
 
新聞購読申込

新監督に羽中田氏−サッカー・カマタマーレ讃岐

2007/09/29 09:28

カマタマーレ讃岐の監督就任会見で抱負を語る羽中田氏=高松市役所
カマタマーレ讃岐の監督就任会見で抱負を語る羽中田氏=高松市役所

 四国サッカーリーグ所属のカマタマーレ讃岐は28日、高松市役所で記者会見を開き、来季の監督に、Jリーグチームの監督も務められる日本サッカー協会公認S級コーチの資格を持つ羽中田昌氏(43)を起用すると発表した。羽中田氏は年内に正式契約を済ませ、来年1月から指揮を執る予定。山出邦男監督は成績不振などを理由に、10月の全国社会人選手権と四国リーグが終了後、解任される。

 会見には、この日仮契約を終えた羽中田氏をはじめ、住谷幸伸代表、土居幹夫強化部長らが出席した。

 若い時分に事故に遭い、車いす生活を送る羽中田氏は「グラウンドではハンディは関係ない。(監督就任は)うれしい限りで、やる気が体中に満ちている」と闘志をみなぎらせた。チーム強化については「情報を集め、選手を見てじっくり進めたい」とした上で、「険しい道のりだが、一枚岩になって目標に向かって進みたい」と、まずは来季のJFL昇格を掲げた。

 来季のチーム運営方針も発表。Jリーグ昇格の条件となるチームの法人化を今年12月以降の早い段階で実現、同時に経営の安定化を図っていく考えを示した。チームの強化策として現在、1人しかいないプロ契約選手を新たに5―7人まで増やす計画も明らかにした。

■略歴
 羽中田 昌氏(はちゅうだ・まさし) 山梨県出身。1980年に高校サッカーの名門・韮崎に進み、エースストライカーとして全国高校選手権で2年連続準優勝を経験した。卒業後、事故で下半身不随となり、山梨県庁に入ったが95年、サッカーの指導者を目指して辞職。スペインのバルセロナに渡り、コーチ業を学びながら執筆活動を展開。帰国後はサッカー中継の解説者やU―18日本代表コーチも務めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.