Sクライミング、野口が準決勝へ/世界選手権

2018/09/11 23:06

 

 【インスブルック共同】スポーツクライミングの世界選手権第5日は11日、インスブルックで女子ボルダリングの予選が行われ、ジャカルタ・アジア大会複合金メダルの野口啓代(TEAM au)は5課題のうち4完登をマークしてA組でトップとなり、20人で争う準決勝に進出した。

 今季のワールドカップ(W杯)ボルダリング総合優勝の野中生萌(TEAM au)は3完登してB組2位で予選突破。14日に準決勝、決勝が行われる。

 リードで4位だった小武芽生(エスエスケイフーズ)はA組で1完登にとどまり敗退した。リードを制したジェシカ・ピルツ(オーストリア)や同2位のヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)も準決勝に勝ち進んだ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459