皆川、1種目終え12位/世界新体操の個人予選

2018/09/11 11:54

 

 個人総合予選、皆川夏穂のボールの演技=ソフィア(共同)

 個人総合予選、皆川夏穂のボールの演技=ソフィア(共同)

 【ソフィア共同】新体操の世界選手権は10日、ソフィアで開幕して個人予選が行われ、昨年の種目別フープで銅メダルを獲得した皆川夏穂(イオン)はボールで18・400点をマークし、1種目を終えて個人総合12位につけた。

 初代表の大岩千未来(イオン)は17・300点で19位。2種目のみ出場予定の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)は手具落下のミスが出て14・050点だった。

 4種目合計で争う個人総合は上位24人が14日の決勝に進む。15日の団体総合は2020年東京五輪の予選を兼ね、3位までが出場枠を確保。日本は個人、団体とも1枠の開催国枠を得ている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459