平昌、日本選手は124人で確定/スケルトン追加

2018/01/29 19:27

 

 平昌五輪の開閉会式が行われる五輪スタジアム=2017年12月(共同)

 平昌五輪の開閉会式が行われる五輪スタジアム=2017年12月(共同)

 日本オリンピック委員会(JOC)は29日、スケルトン女子で新たに代表となった小口貴子(丸善食品工業)を加え、2月9日に開幕する平昌冬季五輪に派遣する選手が124人で確定したと発表した。役員145人を合わせた日本選手団は269人の陣容となった。いずれも海外で開催される冬季五輪では史上最多。

 日本はスケルトン女子で当初、出場枠を獲得できなかったが、枠を返上した国があったため、国際ボブスレー・スケルトン連盟(IBSF)が枠を再分配した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459