平昌代表に渡部暁ら23人/日本選手団は海外大会最多

2018/01/22 19:46

 

 フリースタイルスキー平昌冬季五輪代表に選ばれ、記者会見する男子モーグルの堀島行真=22日午後、羽田空港

 フリースタイルスキー平昌冬季五輪代表に選ばれ、記者会見する男子モーグルの堀島行真=22日午後、羽田空港

 全日本スキー連盟は22日、平昌冬季五輪代表の残り23人を発表し、ソチ五輪のノルディック複合で銀メダルを獲得した渡部暁斗(北野建設)、フリースタイルスキー男子モーグルで世界選手権2冠の堀島行真(中京大)らが選ばれた。既に発表されていたスノーボード男子ハーフパイプ(HP)の平野歩夢(木下グループ)、ジャンプ男子の葛西紀明(土屋ホーム)、同女子の高梨沙羅(クラレ)らを含め計46人が平昌五輪に臨む。

 日本選手団の選手総数はスケートなど既に発表済みの76人と合わせて122人となり、前回ソチ五輪の113人を上回って海外の冬季五輪で最多となった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459