平昌予想、日本最多メダル15個/米データ会社

2018/01/10 16:48

 

 スピードスケート女子の小平奈緒(左)とフィギュアスケート男子の羽生結弦

 スピードスケート女子の小平奈緒(左)とフィギュアスケート男子の羽生結弦

 スポーツデータの分析、提供などを行う米国のデータ専門会社、グレースノートは10日、平昌冬季五輪開幕30日前に合わせて全種目のメダル予測を発表し、日本はメダル総数で過去最高の15個、金メダルは1998年長野五輪の5個に次ぐ4個となった。最新の競技結果や選手の動向を分析、現時点で五輪が行われたとの想定で算出した。

 日本の金メダルには、フィギュアスケートでソチ五輪を制した男子の羽生結弦と団体、スピードスケート女子で500メートルの小平奈緒と団体追い抜きが挙がった。

 国・地域別ではドイツが40(金14)で1位、ノルウェーが37(金14)で2位と展望した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459