IOC、3兆円圧縮に狙い/11月1日から4者協議

2016/10/30 16:33

 

 会談を終えたIOCのバッハ会長(左)と東京都の小池百合子知事=18日、東京都庁

 会談を終えたIOCのバッハ会長(左)と東京都の小池百合子知事=18日、東京都庁

 2020年東京五輪の開催経費問題を協議するため、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の提案で設置が決まったIOC、東京都、大会組織委員会、政府の4者の実務者による作業部会が11月1日から都内で始まる。巨額の財政負担が世界的に「五輪離れ」を招いている現状に危機感を抱くIOCは、都の調査チームが3兆円超と試算した総経費の圧縮に狙いを定めており、都が提案する会場計画見直しもその一環として協議される見通しだ。

 3日間の会合はIOCのデュビ五輪統括部長が全体を取り仕切り、会場整備費だけでなく、セキュリティーや輸送など経費全般をテーマとして削減策を議論する。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459