「海の森」での開催要望/カヌー連盟、都のチームに

2016/10/26 13:13

 

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用を検証している東京都の調査チームは26日、都庁で日本カヌー連盟の幹部に、ボート、カヌー・スプリント会場の見直しについて説明した。連盟側は現行計画通り、都内臨海部に建設予定の「海の森水上競技場」で開催するよう求めた。

 調査チームは会場について、「海の森水上競技場」と、宮城県登米市の長沼ボート場を検討。(1)海の森で現行計画よりコストを削減した上で恒久施設として整備する(2)海の森を仮設施設として整備する(3)長沼ボート場に会場変更して整備する―の3案に絞り込んでいる。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459