世界水泳、シンクロ日本勢が調整/24日ロシアで開幕

2015/07/22 20:05

 

 練習を始めるシンクロナイズドスイミングの日本代表=22日、カザニ(共同)

 練習を始めるシンクロナイズドスイミングの日本代表=22日、カザニ(共同)

 【カザニ(ロシア)共同】水泳の世界選手権は24日、ロシアのカザニで開幕する。22日は屋根付きながら外気が入る会場で、シンクロナイズドスイミングの日本代表が海外勢に交じって調整した。曇り空でやや肌寒い中、井村雅代ヘッドコーチが率いる女子や、新種目の混合デュエットに出場する安部篤史(トゥリトネス水泳部)足立夢実(国士舘シンクロク)組が細かく動きを確認した。

 16回目を迎える世界選手権がロシアで開催されるのは初めて。国際水連によると、来年のリオデジャネイロ五輪を占う前哨戦には180を超える国・地域から約2500人の選手が参加する。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459