フェンシング、徳南は2回戦敗退/世界選手権第2日

2015/07/15 00:39

 

 【モスクワ共同】フェンシングの世界選手権第2日は14日、モスクワで行われ、男子サーブル個人で徳南堅太(デロイトトーマツコンサルティング)は1回戦で米国選手に勝ったが、2回戦でルーマニア選手に9―15で敗れた。女子サーブル個人1回戦では菊地美香(警視庁)がロシア選手に10―15、田村紀佳(ネクサス)はポーランド選手に13―15で敗れた。

 エペ個人予選は男子で坂本圭右(自衛隊)が本戦進出、宇山賢(香川ク)と山田優(日大)は敗れた。女子は佐藤希望(大垣共立銀行)が本戦へ。下大川綾華(テクマトリックス)大橋里衣(なとり)山田あゆみ(城北信用金庫)は敗退。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459