五輪開催都市提案の種目は別枠/IOC、上限に数えず

2015/05/09 02:00

 

 【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪で開催都市が提案できる追加種目を、夏季五輪の上限とする約310種目の中に数えず、別枠で考える方針を決めたことが8日、複数の関係者への取材で分かった。

 IOC関係者は「開催都市が提案する種目数は特別枠で柔軟に考える方針となった。提案する種目数も基本的に大会組織委員会に任せる」と説明した。2月の理事会で決定し、組織委も確認している。

 IOCは昨年12月に承認した五輪改革で、夏季大会の種目数の上限を約310、参加選手は約1万500人に設定した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459