五輪出場権のリレー代表帰国/桐生ら「いい遠征」

2015/05/06 19:42

 

 陸上の世界リレー大会で獲得したメダルを掲げる(左から)桐生祥秀、藤光謙司、谷口耕太郎、大瀬戸一馬=6日、成田空港

 陸上の世界リレー大会で獲得したメダルを掲げる(左から)桐生祥秀、藤光謙司、谷口耕太郎、大瀬戸一馬=6日、成田空港

 バハマで開催された陸上の世界リレー大会の男子400メートルリレーで3位となり、リオデジャネイロ五輪の出場権を獲得した桐生祥秀(東洋大)ら日本代表が6日、成田空港に帰国した。桐生は「メダルも取れたし、いい遠征になった」と笑みが絶えなかった。

 故障などを理由に辞退者が出てベストとはいえない布陣だったが、大瀬戸一馬(法大)藤光謙司(ゼンリン)桐生、谷口耕太郎(中大)の日本は決勝で38秒20の好タイムをマークする健闘だった。桐生は「バトンパスがスムーズで、タイムにつながった」と誇らしげだった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459