JOC会長、議連構想に反論/「強化分かっている」

2014/05/15 21:58

 

 トップ選手強化機能をJOCから切り離すとするスポーツ議連の構想に反論するJOCの竹田恒和会長=15日、東京都渋谷区

 トップ選手強化機能をJOCから切り離すとするスポーツ議連の構想に反論するJOCの竹田恒和会長=15日、東京都渋谷区

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は15日、これまで中心的役割を担ってきたトップ選手の強化機能をJOCから切り離すとするスポーツ議員連盟の構想に対し、役員の多くが競技団体出身であることを踏まえ「JOCは現場を知り、スポーツを知る人間の集合体だ。どう強化すべきかを分かっている」と反論した。

 議連では、競技団体への強化費配分を日本スポーツ振興センター(JSC)を改組した独立行政法人が担う案が出ている。これに対して竹田会長は成功例を挙げ「成果は十分上がっている」と主張。「東京五輪まで6年しかない今、新システムの導入はリスクが大きい」と訴えた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459