五輪、レスリング女子2階級増/16年リオ、男子は削減

2013/08/10 05:27

 

 【モスクワ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は9日、モスクワで理事会を開き、2016年リオデジャネイロ五輪はレスリングの女子の階級数を現行の4から6に増やすことを決めた。男子のフリースタイルとグレコローマンスタイルは一つずつ減らし、各6階級とする。体重区分は今後、コーチら専門家が協議して決める。

 レスリングは20年五輪で除外候補となり、統合した野球とソフトボール、スカッシュと残る一つの実施競技入りを争っている。国際レスリング連盟のラロビッチ会長によると、当初は20年五輪でIOCに提案していた階級変更を16年五輪に早めることを決め、再提案していた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459