柔道談話(2日)

2012/08/02 22:21

 

 ▽穴井隆将の話 普段通りアップして畳に上がった。抑え込まれたのは自分の我慢が足りなかったと思う。金メダルがないことは意識せずに、自分が勝とうと思っていた。今後は気持ちを落ち着かせて整理して考えたい。

 ▽篠原信一・男子監督の話 穴井は初日から金メダルがないということでプレッシャーがあった。その原因をつくった私にも責任がある。(金メダルが)一つあれば思い切った柔道ができたと思う。五輪は心から勝ちたいと思った者が勝つ。外国勢の方が日本よりそれが強いのかな。

 ▽緒方亜香里の話 自分のスタイルを貫けなかった。一本を取るまで自分の柔道をやらないといけなかった。いつもより自分らしい技が欠けていたかなと思う。やれるだけやった。また一からやり直して、がつがつ行く柔道を追求したい。

 ▽園田隆二・女子監督の話 投げるけど投げられるのが緒方。その典型。勢いだけなら勝ちも負けもする不安定な選手になる。柔道をきちんと勉強して、安定力を身に付けてほしい。ここまで金メダル一つとは想像してなかった。厳しさを存分に味わっている。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459