大邱マラソン、町田の7位が最高/女子、厳しい代表入り

2011/04/10 16:36

 

 韓国の大邱国際マラソンに出場し7位でゴールする町田祐子=10日、大邱市内(共同)

 韓国の大邱国際マラソンに出場し7位でゴールする町田祐子=10日、大邱市内(共同)

 【大邱(韓国)共同】大邱国際マラソンは10日、今夏の世界選手権(大邱)代表選考会として出場した日本の女子は町田祐子が2時間32分39秒で7位になったのが最高で、代表入りは厳しくなった。樋口智美は2時間33分48秒で8位、岩村聖華は2時間36分33秒で12位だった。アツェデハブタム・ベスエ(エチオピア)が2時間25分52秒で優勝した。

 男子は浜野健が2時間16分49秒で14位だった。

 大震災の影響で世界選手権の最終選考会だった3月の名古屋国際女子が中止となり、日本陸連は大邱のほか、ロンドン(17日)、ボストン(18日)を代替選考会に指定した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459