バドミントン、脇田、江藤組がV/ポーランド国際

2011/03/28 23:10

 

 バドミントンのポーランド国際は27日、ポーランドのビアウィストクで各種目決勝を行い、日本勢同士が対戦した女子ダブルスは脇田侑、江藤理恵組(岐阜トリッキーパンダース)が伊東可奈、久後あすみ組(ルネサスSKY)を2―0で下し、優勝した。

 女子シングルスの楠瀬由佳(北都銀行)はラリーサ・グリガ(ウクライナ)に0―2で敗れ、準優勝だった。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459