五輪代表、日本勢出そろう/45歳越ら100人切る

2010/01/26 01:06

 

 日本オリンピック委員会(JOC)は25日、バンクーバー冬季五輪のボブスレーとスケルトン代表の計7人を発表し、日本選手団は選手92人(男子49、女子43)となった。冬季五輪日本代表で自身の41歳を更新する史上最年長の45歳、スケルトン男子の越和宏(システックス)を含めて、代表がほぼ出そろった。

 海外開催では1994年リレハンメル五輪の65人以来4大会ぶりに100人を下回ることが確実で、前回2006年トリノ五輪の112人から激減。今後ボブスレー女子2人乗りで1組、追加される可能性がある。

 2月7日に本隊が出発する日本選手団で、スピードスケート女子の15歳、高木美帆(北海道・札内中)が最年少となった。

 越以外の代表は次の通り。スケルトン男子 田山真輔(システックス)▽同女子 小室希(仙台大大学院)▽ボブスレー男子4人乗り 鈴木寛(マネックス証券)宮内優(モンテローザ)土井川真二(日本レストランシステム)小林竜一(鳥取県体協)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459